9月8日 Dahlia’s FX Room

こんにちは!

先週は忙しいのと気持ちが落ち着かないのとで、
トレードに集中力がなく反省の多い一週間となりました(-_-;)

9月5日のGBP/JPYのトレード -40PIPSの振り返りをします。

PCを見てられなかった+荒れ相場なので、
いつもの半分でロットは入りその分損切は深め。

 

まず、どこでショートしたか?

エントリーしてすぐに20PIPSぐらい含み益が出たんで、
調子に乗って損切を建値に動かさずに放置。

利確をし損ね~・・・

ドテンをし損ね~・・・・

どこでドテンすれば良いかもわかってたのに、PCを見ていられなかった。

 

とゆーか、完全に私の慢心(-_-;)

 

「これだけ上がったんだから一旦100PIPSぐらい落ちるでしょ?」なんて、
なんの根拠もなく思ってたような気がする。

 

PCを見ていられないとわかっていたのに、
なぜそれなりの処置をしておかなかったのか?
損切・利確を置く位置がチャートの示す場所ではなく、
自分の希望の位置に置いていた。

チャートをよく見ていれば30分足の130円付近で
【Dahlia’s BO Method】の基本のかたちが出ているではないか!?
コレを見逃さなければ130円付近で一旦逃げて、
ドテンのチャンスを逃さず済んだのではないか~(T_T)

全ては私の思い込み。
「~だろう」での行動が原因。

 

トレードは「~したら、こうする。」に徹すること!

「~になるだろうから、こうする。」は早計なのだ!

 

と、いつも自分に言ってるではないか!!

 

反省・反省・反省・・・・・

 

先週負けた分はそれとして置いておいて取り返そうとはせず、
また、今週から新たに今週分として頑張る(^^♪

 

そーんなにいつも勝てるわけがない( *´艸`)

 

 

 

カテゴリー: Room

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です